寝苦しい夏の夜には

2007年04月11日

若槻、今度の水着写真集

ビジュアル系からお笑い系に転身中の若槻千夏。まだまだ過渡期かな。でも、確実にイメージ変わりつつある。仕事の種類にしても、ファッションにしても、ちょっと前のビジュアル路線とはずいぶん違う。

グラビア中心でやってた時代と比べて格段の売れ具合。結局若槻のトークがそうさせてるんじゃないかな。何でもかんでもストレートに表現して、どちらかというと、いいたい放題みたいに受け止められてるけど、違うね。嫌味がない。かなりきつい物いいをするときがあるし、感情的になることもあるけど、不思議と和む。若槻の性格と人柄だろうと思うけど、不快感はぜんぜんない。

ああ見えても、かなり気配りを身に付けてる。自分のことバカと称してるけど、なかなかどうしてバカじゃまねできない。

これからは、シリアスなドラマとかに挑戦してもらいたいものだ。そうすれば、また新たなギャップが生まれて、ますます若槻のフィールドが広がる。新しいファンがどんどん増えると思う。

でも、忘れちゃ困る、ブンブン。若槻、まだイケるぞ、水着姿も。すました表情も写真の世界では忘れるな。笑いとることばかりが若槻の仕事じゃない。大胆な水着姿と挑発的な表情。たまにはやらないと、完全なお笑いタレントになっちゃうぞ。







posted by マヨナカシンヤ at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

若槻千夏、Tバック

ぼくは知らなかった。若槻がグラビアアイドルからスタートしたこと。お笑い系のにぎやかしかと思ってた。

「チナッティー/ホノルルと神田の関係」

なんとTバックじゃないの。ちょっと気取ってるんじゃないの。と最初は思った。お笑い系のタレントだとばかり思ってたんだから、かなりのギャップ。

若いんだらから、写真集の仕事のひとつやふたつあっても不思議はないけど。ちょっと背伸びしすぎじゃないの。なんて勝手な思いをしてた。違うんだね。いいじゃないの。写真集も。

普段の若槻はテレビで見る限り化粧気もなく、髪の毛も自然体。大学生がちょいとスタジオ見学にきましたって感じだけど。写真集の彼女、かなりイケてる。かわいい。きれいだよ。セクシー。

仕事の幅が広がったってことかな。それとも彼女の性格がそうさせたってことかな。黙って微笑んでるより、がんがん喋る方が似合ってる。でも、たまにはグラドルの線でドラマにも出てもらいたいね。それも泣けるやつがいい。

喋りもいいけど、静かにうつむいてる若槻。今のイメージとは違うギャップを見せて欲しい。Tバックを止めろなんて一言もいってないよ。あれはあれでいいんだから。ギャップのアイドル若槻千夏の魅力なんだから。
posted by マヨナカシンヤ at 20:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

画像の若槻千夏

「マーボー豆腐は飲み物です」という若槻千夏のブログ。写真が中心で、それについて短いコメントをしてる。とてもシンプル。見ていても、疲れない。読み辛いってこと全然ない。当たり前か、文字が少ないんだから。

ケチ付けてるんじゃない。商売用の何かを売る目的のブログはさて置き、趣味のブログはこうでなくっちゃ。あまりごちゃごちゃした文章は途中で読む気なくしてしまう。商品を買おうとして検討してるわけじゃないから、気分転換には向かない。ストレートにわかりやすく、イメージに訴える。これで決まり。

しかし、あれだね、ストレートだね、表現が。ほんとに。朝起きるとき、目くそで目が開かない。なんでですか?こんなこと普通タレントがブログに書くかな。最近は若槻もお笑い系に転身しつつあるから、違和感はないけど。まあ、思ったままを表現するのは、これだけのことでも新鮮で、ほのぼのとしてくる。

垣根を取っ払おうとしてるんじゃなく、若槻千夏の人間性をそのまま表してるんだと思う。Tバックもいいけど、トークはもっとイケてる。写真集、どんどん出してくれ。DVDも。そして若槻千夏自身をもっとアピールして欲しい。こどものような好奇心と飾らない人柄が何よりの魅力だ。
posted by マヨナカシンヤ at 22:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

若槻ほえる

どうしてマーボー豆腐は飲み物なのよ、若槻。あんな重たい飲み物なんてあるかよ。本人いわく、何でも、ダイエット中にマーボー豆腐を食べてるところをマネージャーに見られ、つい、苦し紛れにそう言ったということ。

まぁ、トマトが野菜だっていう国もあれば、果物だっていう国もある。若槻にもそれなりの言い分ありということにしておこう。

ところで、ダイエットなんて言葉が使われ出してからどのくらいになるのだろうか。今ではこどもからお年寄りまで知らない人なんていないんじゃないの。国民的カタカナ語として完全に定着してる。

でも、ちょっと待って。ダイエットって言葉、元々は食事療法のことじゃなかったの。痩せるのが目的じゃなく、健康を取り戻すためにやってはず。それがいつの間にか痩せることの方に注目が集まり、やがて痩せるための方法はすべてダイエットという言葉でひとくくりにされてしまった。ひとり歩きしてしまったというか、みんなで寄って集って暴走させてしまった感がある。

若槻、無理すんな。君から健康が失われれば、もう若槻千夏じゃなくなってしまう。どんどん食べてどんどん活躍してくれ。

これだけはいっとく。マーボー豆腐飲んで、ミネラルウォーター食べてもダイエットにはならないってことを。
posted by マヨナカシンヤ at 15:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

若槻に目覚める

君はどう感じるだろうか、自分を素直に表現できる人を?わからないことはその場で尋ねる。疑問は先延ばしにしない。公衆の面前だろうが、内閣官房長官が相手だろうが。笑われようが、バカにされようが、知らないことはカッコ付けずに即座に質問する。

それが若槻千夏だ。さわやかじゃないか。ぼくは率直にそう思う。この程度のこと知らないことが人にばれたらみっともない。とか中途半端にしか知らないことをさも知ったかぶりしてその場の体裁を取り繕ったり。君やってないかい?

正直、ぼくはたまにある。特別プライドが高いわけじゃないけど、周囲から物知りだと思われてるところがあるので、つい。その場の誰も知らないことなら、適当に話題を変えて誤魔化せば、何とかOK。でも、誰かが少しでもその話題に突っ込んできたら、もうアウト。周りはちゃんと空気を読んでるもの。誰も口には出さないけど、ばればれ。これが一番カッコ悪いし、信用丸つぶれ。

ずばり率直にきく。この姿勢、端から見ていて清々しいし、カッコいい。素直にきかれて、相手をバカにするやつなんてそんなにいない。バカにするやつは、それだけの人間。きっと自分も同じ目に合う。それに自分はわかるってるつもりでも、いざ人に教えるとなると、シドロモドロ。こんなことってよくある。きかれた方も改めて知識の再認識。

わからないことはほっとかない。すなわち若槻に目覚める。
posted by マヨナカシンヤ at 21:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。